通信システムの全てがわかる役立つ知識マニュアル TOP  >  普通の固定電話を使用した通信

普通の固定電話を使用した通信

インターネットでお仕事

電話とインターネット

自宅の電話を使ってインターネットができるようになってる世の中が当たり前になってきてますね。そういうスタイルの形をADSLといいます。

もうそこらへんでもADSLって聞きますね。ADSLはなんといっても普通の電話回線のわりに速度が速いのでそれなりに人気があります。

なので電話しながらでもインターネットができます。ここまでやっても速度が落ちないっていうのはたいへんありがたいことですね。

お得ネット

インターネット2

ほかにもADSLはどんないいことあるかなって考えてみたところ一番重要な部分がいい部分でした!

それはなんとお金の面です。電話って電話すればするだけ電話がかさんできますよね?

でもADSLの場合は何やってもどうしてる料金変わらない定額なんです。どうしてこういうことができるのかというと、交換機なんかを通さずにネット接続してるからなんです。

普通の電話はほとんどは交換機を通って通信する回線交換っていうものです。回線交換のデメリットって通信を使うようなことをしてる時はその人1人でその回線をずっと使ってるという形になります。

そうなると通信が長ければ長いほど回線を1人で回線を使う時間が長くなってそれで料金がその分高くなってしまうというまったくサイフによくない仕組みです。ADSLはそれと逆なのでいくらつないでも料金変わらないので、何も気にせずにネットを楽しめます。楽しむのにお金の心配とかしたくないですからね。


Designed by CSS.Design Sample