2種類のブロードバンド

オフィスレディ

対称的な2つ

通信速度矢印

ここで本題に入る前にまずは表現の部分のお話から入ると、「対称」と「非対称」って表現から入って本題を話せば理解も深まっていくと思ったので、まずはこの関係なさそうな語彙からスタートさせます。

ここでの対称というのは通信速度が上にでも下でも変わらないってことです。非対称はっていうのは言葉通り逆の表現で上でも下でも通信速度が違うものです。

簡単に説明しましたけど大丈夫でしょうか?ここから本題に入っていきますね。

速度の違い

ブロードバンドでネット

題名から2種類のブロードバンドってなってますけど、要は何かというとADSLとDSLです。最初にADSLですが、さっきの言葉をもってくると、ADSLは非対称デジタル加入者線って言われてます。さっきの言葉の非対称が出てきましたね。これは非対称のDSLで最大で通信速度上りなのか下りなのかで通信の速度が違います。

ちなみに普通な下りの速度の比重が多いです。ADSLは一般向けをメインにしてるサービスですし、デジタル加入者線の代表のようなものです。

DSLの特徴と言えば既にある固定電話回線を使うブロードバンドなのでたくさんのユーザーがみんなで使います。そういう理由もあってDSLはベストエフォートという形で使われています。

ベストエフォートって?最大の努力?直訳してしまってちんぷんかんぷんにならないでくださいね?ベストエフォートっていうのは可能な限り最高の速度とクオリティを達成できるという前提で安い値段で提供してるサービスです。

絶対ではないのでそこは注意が必要です。まぁ要は速度でも値段でもできる限りの努力をするということですね!


Designed by CSS.Design Sample