回線の特徴

ADSLと光ファイバー

インターネットwww

ブロードバンドには、ほかの通信回線と同じように有線と無線に分けられます。 そのうち、有線のブロードバンドとして一般的なのがADSL(非対称デジタル加入者線)です。 ADSLは、もとからある電話回線を利用できます。 加入者線(銅線ケーブル)をそのまま使うことができます。

したがって、加入者線を電話通話とインターネッ卜へのアクセス回線として使用します。 このようなブロードバンドは、デジタル加入者線(DSL)というもので、 DSLには、ADSL、SDSL、HDSL VDSLなどがあります。

つまり、DSLの前につけたアルファベットで識別するので、xDSLと総称されます。 これは、DSLの同義語として使われます。

光ファイバーを使ったブロードバンド

ウィアヤレスインターネット

ADSL方式は、光ファイバー・ケーブルを使ったブロードバンドまでのつなぎと考えられています。 FTTHは、光ファイバーを使ったブロードバンドです。

ADSLと違って、アクセス回線のケーブルとして光ファイパーを使います。 すなわち、利用者と通信事業者は光ファイバーによって接続されます。

そのため、ADSL (xDSL)よりも大容量高速通信が可能になります。 現在、光ファイバーの敷設が進み、FTTHの普及し始めています。

FTTHのほかの有線ブロードバンド

ウィアヤレスインターネット

FTTHのほかの有線ブロードバンドには、 ケーブルテレビインターネット(CATVインタ一ネット)や電力線通信があります。 CATVインターネットは、ケーブルテレビ放送用の回線を使用するブロードパンドです。

インターネットに接続されているのがケーブルテレビ局です。 電力線通信は、電力線(電線)を伝送ケーブルとして使用するブロードパンドです。 電力会社から伸びている電気の引込み線(電力線)が利用者に接続します。

この場合には、電力会社がインタ一ネッ卜に接続しています。 ADSLと光ファイバーを使う方式が有線ブロードバンドなのに対し、 無線のブロードバンドは、無線電波(2.4GHzという高い周波数)を使用して インターネットにアクセスるものです。


Designed by CSS.Design Sample