2種類のブロードバンド

ネットと電話

 

ADSLの利用者は、パソコンによるインターネット通信と電話での通話を同時に行えます。

対称的な2つ

ビジネスツール

ADSLでは、利用者の電話加入者線にスプリッタとADSLモデムを接続し、 それら二つの装置をパソコンに接続するだけで、 利用者はブロードバンドを使うことができます。

スプリッタは、電話音声の電気信号とデータ伝送の電気信号を分離します。 モデムは、アナログ信号とデジタル信号の相互変換を行います。 電話加入者線には、アナログ信号が流れています。 それに対して、コンピュータが扱うデータはデジタル信号です。

したがって、コンピュータによる通信を行う際には、 それぞれ、デジタルをアナログに、アナログをデジタルに変換する必要があります。

それをするのが、このモデムです。 ADSLモデムは、ADSLに対応したモデムということになります。

ADSLを使うには

電話をしながらインターネット

実際のADSLの利用は次のようになります。

まず、電話加入者線にスプリッタを接続します。 そのスプリッタに電話機とADSLモデムを接続します。 そのうちのADSLモデムにパソコンを接続します。

LAN (特に規模の大きくないLAN)からのADSLでのインターネット通信には、 スプリッタとモデムに加えて、ブロードパンドルータが必要です。

ブロードバンドルータは、ADSLやCATVインターネットなどのブロードバンドに対応しています。 ブロードバンドルータをADSLモデムに接続して、モデムにLANを接続します。

このブロードバンドルータがLAN上のパソコンを識別して、 ADSLを複数のパソコンで共用できるようにします。 LAN上のパソコンは、同時に通信することができます。


Designed by CSS.Design Sample