高速無線アクセス

WWWインターネット

対称的な2つ

インターネットwww

無線ブロードバンドは、高速無線アクセスと呼ばれることもあります。 通信事業者は、基地局を設置します。 この基地局は、電波を送受信する機能を持っています。 ビルの屋上などに設置された基地局は、それぞれ一定の範囲を受け持っています。 そして、各基地局は光ファイバーでつながっている通信事業者のセンタ一局などを通じて インターネットに接続しています。 一方、無線ブロードバンドの利用者は、建物の外に電波の送受信用アンテナを設置して、 これを回線接続装置とケーブル接続します。 この回線接続装置にパソコンを接続して、 ブロードバンドによるインタ一ネット通信を行います。

アドレスの表現方法

ウィアヤレスインターネット

高速無線アクセスでは、2.4GHzの周波数の電波を使います。 2.4GHzは、高い周波数です。 高い周波数であるほど、大容量の情報(信号)を伝送することができますが、 同時に、電波の直進性が強くなるため、 途中の障害物に通信が阻害されやすくなります。 したがって、基地局とアンテナの間に障害物がないことが条件になります。 2.4GHzというのは、無線LANが使う周波数でもあります。 それは、高速無線アクセスが、 無線LANの技術を利用していることからきています。 したがって、もともと屋内用だった無線LANを 屋外用に改良したものが高速無線アクセスになります。


Designed by CSS.Design Sample