CDMAは符号を使う

携帯電話1

第3世代携帯電話では符号分割多元接続(CDMA)という多元接続の技術が使われています。 多元接続方式であるCDMAは、データ信号(符号)を使って、 個々の携帯電話機の信号を識別することにより、 同一基地局の範囲で、複数の携帯電話機が同時に通信ができる方式です。 ある基地局の範囲で複数の携帯電話が同時に通信を行う場合は、 携帯電話網では、すべての携帯電話機から発信された電波が合成されて伝送され、 どの電波にも、それぞれに固有の符号が加えられ、受信側に送り届けられています。 発信側の携帯電話機では、送信する信号に固有の符号を加えて電波を発信します。 受信側の電話機では、通信相手以外のものも含まれる、合成された信号から、 符号を使って自分宛の信号だけを取り出します。


携帯電話2

通信相手からの信号は、符号を使って元の信号に戻すことができますが、 それ以外の信号は正しい信号に戻さず、必要な信号だけを取り出します。 CDMAでは、通信が開始されると、通信をする携帯電話機同士で、使用される符号が決定されます。 使用のたびに固有のデータとして、乱数を使って生成します。 そのため、別の通信と混信することがありません。 CDMAを使うには広い周波数帯域が必要となります。 信号に符号を加えるため、論理的な演算を行っている結果、 元の信号の周波数帯域が広い周波数帯域に広がります。 そのため、第3世代携帯電話は、広帯域の使用を前提にして開発されました。


IMT-2000の規格

ところで、IMT-2000のCDMAの規格には3つの方式があって、 そのうちのcdma2000とW-CDMAの2つが有力とされています。 一方、cdma2000は米国の通信事業者が中心になって規格を策定した方式で、 幅1.25MHz周波数帯域を1つ、または3つ使用して通信を行います。 W-CDMAは、日本やヨーロッパの通信事業者が規格を策定した方式で、 より広い周波数帯域を使用します。 すなわち、1つの通信について幅5MHzの周波数帯域を使用します。

imt2000規格の携帯電話

Designed by CSS.Design Sample