次世代の携帯電話

次世代の携帯電話網

日本の携帯電話は、これまでは第3世代携帯電話(3G)が使われていました。 第3世代携帯電話は、IMT-2000方式の携帯電話で、W-CDMAやcdma2000です。

基本的に、より高速で大容量の通信が可能な携帯電話を目指して、 この第3世代携帯電話の次の世代、さらにその次の世代と、携帯電話の技術の開発が行われ、 実用化が進んでいます。

そのようなものに、第3.5世代携帯電話、第3.9世代携帯電話、第4世代携帯電話があります。 まず、第3世代携帯電話の改良型である、 第3.5世代携帯電話(3.5G)が実用化されています。

日本ではすでに多くの利用者が、第3世代携帯電話から、 この第3.5世代携帯電話に移行しています。 第3.5世代携帯電話は、第3世代携帯電話(IMT-2000方式)を改良して、 データ通信の機能を高速化させたもので。 動画像や音楽の配信などのための、大容量データを高速で伝送できるようにする目的で改良を加えて、 発展させたものです。

第3.5世代携帯電話の規格・方式としては、HSPAやCDMA2000 1x EV-DCTが実用化されています。 HSPAは、W-CDMAを大幅に変更せずにパケット通信の高速化や 効率化に必要な部分を改良したものです。 CDMA2000 1x EV-DCTは、音声通話には対応しておらず、データ通信にのみ対応した規格・方式であることから、 DO ( Data Only)という名称がついています。


電話

次に、第3.9世代携帯電話(3.9G)が実用化されました。 これは、第3.5世代携帯電話と同様に、第3世代から第4世代へと携帯電話を段階的に発展させる、 つなぎの目的で開発されました。 第3.9世代携帯電話は、光ファイバ一(FTTH)に匹敵する伝送速度を持ちます。

つまり、下り100Mbps以上、上り50Mbps以上となります。 また、IP通信で携帯電話通信(データ通信)を行うことになります。 第3.9世代携帯電話の代表的な通信規格・方式は、「LTE」です。 LTEは、「E-UTRA/E-UTRAN」と呼ばれることもあります。

かつては、NTTドコモが「Super 3G」と呼ぶこともありました。 この通信規格は、NTTドコモを中心として、3GPPと呼ばれる組織の手で、標準化が行われています。 なお、3GPPは、ITUやIEEEとは違う組織であり、各国の標準化団体が設立したものです。

3GPPの策定した標準規格は国際標準規格と考えられています。 日本を始め、世界中の多くの携帯電話事業者が、このLTEを採用しています。

なお、第3.9世代携帯電話では、パケット通信によるデータ通信にのみ対応している点で、 第3.5世代携帯電話と共通しています。 音声通話にはVoice over IP (VoIP)で対応しています。

第4世代携帯電話は次世代携帯電話

最後に、真の意味での次世代携帯電話といえる第4世代携帯電話(4G)があります。 第4世代携帯電話は、静止状態での通信時に 最大1Gbps程度の大容量超高速のデータ通信の実現が目指されています。

第4世代では、伝送速度を高速化のために、第3世代携帯電話や第3.5世代携帯電話、 さらには第3.9世代携帯電話が使用している周波数よりも高い周波数を使用するため、 いくつかの問題があります。 そもそも、電波というものは、周波数が高くなると、 直進性が強くなり障害物に通信が阻害される性質を持っています。

また、周波数が高い電波は水に弱いという性質があります。 このため、降雨時に電波が遮られ、通信が途絶えてしまうのです。 したがって、これらの問題解決しなければいけません。 一方、第4世代携帯電話は、「携帯電話」と呼ぶのが不自然に感じられるような、 ブロードバンド?データ通信ネッ卜ワークを形成することが想定されています。

固定通信ネットワークか移動通信ネットワークかといった種類を問わない、 様々な通信ネットワークとの間のシームレスな通信を目指しています。 なお、第4世代携帯電話の標準通信規格の策定がITUによって進められています。 第3.9世代携帯電話の代表的な通信規格・方式は、「LTE」です。 LTEは、「E-UTRA/E-UTRAN」と呼ばれることもあります。

かつては、NTTドコモが「Super 3G」と呼ぶこともありました。 この通信規格は、NTTドコモを中心として、3GPPと呼ばれる組織の手で、標準化が行われています。 なお、3GPPは、ITUやIEEEとは違う組織であり、各国の標準化団体が設立したものです。 3GPPの策定した標準規格は国際標準規格と考えられています。 日本を始め、世界中の多くの携帯電話事業者が、このLTEを採用しています。

国際電話とミーティング

なお、第4世代携帯電話の標準通信規格の策定がITUによって進められています。 第3.9世代携帯電話の代表的な通信規格・方式は、「LTE」です。 LTEは、「E-UTRA/E-UTRAN」と呼ばれることもあります。

かつては、NTTドコモが「Super 3G」と呼ぶこともありました。 この通信規格は、NTTドコモを中心として、3GPPと呼ばれる組織の手で、標準化が行われています。 なお、3GPPは、ITUやIEEEとは違う組織であり、各国の標準化団体が設立したものです。

3GPPの策定した標準規格は国際標準規格と考えられています。 日本を始め、世界中の多くの携帯電話事業者が、このLTEを採用しています。 なお、第3.9世代携帯電話では、パケット通信によるデータ通信にのみ対応している点で、 第3.5世代携帯電話と共通しています。 音声通話にはVoice over IP (VoIP)で対応しています。 最後に、真の意味での次世代携帯電話といえる第4世代携帯電話(4G)があります。 第4世代携帯電話は、静止状態での通信時に 最大1Gbps程度の大容量超高速のデータ通信の実現が目指されています。

第4世代では、伝送速度を高速化のために、第3世代携帯電話や第3.5世代携帯電話、 さらには第3.9世代携帯電話が使用している周波数よりも高い周波数を使用するため、 いくつかの問題があります。 そもそも、電波というものは、周波数が高くなると、 直進性が強くなり障害物に通信が阻害される性質を持っています。

また、周波数が高い電波は水に弱いという性質があります。 このため、降雨時に電波が遮られ、通信が途絶えてしまうのです。 したがって、これらの問題解決しなければいけません。 一方、第4世代携帯電話は、「携帯電話」と呼ぶのが不自然に感じられるような、 ブロードバンド?データ通信ネッ卜ワークを形成することが想定されています。

固定通信ネットワークか移動通信ネットワークかといった種類を問わない、 様々な通信ネットワークとの間のシームレスな通信を目指しています。 なお、第4世代携帯電話の標準通信規格の策定がITUによって進められています。

Designed by CSS.Design Sample