PHSの特徴

PHS1

PHSは利用者が持ち運べる小型通信装置を使った通話サービスという点で携帯電話と同じです。 どのような違いがあるかは、利用者から見ればわかりません。

PHSでお仕事

そもそも、PHSと携帯電話とは違う起源を持っています。 PHSは、屋内用のコードレス電話(コードレスホン)を起源に持ち、 携帯電話は、屋外用の自動車電話を起源に持ちます。 屋外の使用を前提とした携帯電話と違い、 PHSは屋内で使用されていたものをデジタル化し、 屋外でも使えるように発展させたものです。 屋内では、回線がすぐ近くまで引き込まれており、電波が弱くても回線に届くことから、 コードレス電話は電波が強くありません。 このようなコードレス電話を起源に持つPHSは、携帯電話に比べて使用する電波が弱く、 電波の出力(電力、ワッ卜数)が小さくなっています。 そのため、PHSでは携帯電話と比較して、基地局との距離を短くするしかなく、 1つの基地局の範囲が、半径数百メー卜ルしかありません。 これは携帯電話の10分の1程度です。 しかし、強い電波を送らなくてよいということは、基地局を小さくできるということです。 PHSの基地局は携帯電話に比べて小型になったことで、 電柱の上や電話ボックスの屋根、 地下街の通路や公共施設のビル内などに簡単に取り付けられます。 その結果、範囲が小さくても基地局を多数設置することで、 電波が遠くまで届かない点を補うことができます。


携帯電話との比較

しかし、強い電波を送らなくてよいということは、基地局を小さくできるということです。 PHSの基地局は携帯電話に比べて小型になったことで、 電柱の上や電話ボックスの屋根、 地下街の通路や公共施設のビル内などに簡単に取り付けられます。 その結果、範囲が小さくても基地局を多数設置することで、 電波が遠くまで届かない点を補うことができます。 当初は、PHSは通信速度が高速で、データ通信において 携帯電話よりも優れていました。 つまり、第2世代携帯電話のPDCの通信速度9.6Kbpsに対して、 同時期のPHSは32Kbpsであり、高速のデータ通信が可能でした。 しかし、携帯電話も第3世代携帯電話(IMT-2000)となり、 高速通信が可能になるにつれて、この点における携帯電話に対して優位ではなくなってきています。 なお、PHSは屋外での端末間同士で通信できます。


PHS2

通信相手からの信号は、符号を使って元の信号に戻すことができますが、 それ以外の信号は正しい信号に戻さず、必要な信号だけを取り出します。 CDMAでは、通信が開始されると、通信をする携帯電話機同士で、使用される符号が決定されます。 使用のたびに固有のデータとして、乱数を使って生成します。 そのため、別の通信と混信することがありません。 CDMAを使うには広い周波数帯域が必要となります。 信号に符号を加えるため、論理的な演算を行っている結果、 元の信号の周波数帯域が広い周波数帯域に広がります。 そのため、第3世代携帯電話は、広帯域の使用を前提にして開発されました。


Designed by CSS.Design Sample