衛星通信のひろがり

地球と電波

衛星通信のしくみ

人工衛星と宇宙

いまや人工衛星はニュースやイベント現場からのテレビ中継などにも使われます。 赤道上空36,000kmの静止軌道を周回し、各放送事業者(テレビ放送局)から人工衛星に向けて電波を発信し、 人工衛星がその電波を増幅して日本国内に送り返す仕組みによって放送を行っています。

こういったシステムをSNGと呼び、近年は車などに送信機器搭載した地球局にて離島や山間部などという場所からでも 中継映像を見れるようになりました。

VSATシステム

地球を取り巻く電波網

VSATは超最小のアンテナを備えた地球局を用いた衛星通信で、親局と子局の間で同報配信で情報を送り受けできる機能です。

ケーブルテレビの番組映像にも使われ各家庭にも欠かせない存在となっています。

Designed by CSS.Design Sample