衛星通信

サテライト

通信衛星(英語:communications satellite)とはマイクロ波帯の電波を用いた無線通信を目的として 宇宙空間に打ち上げられた人工衛星である。

タワー

基地局は移動通信制御局に接続しています。 いくつかの基地局が、その区域内の移動通信制御局に接続しています。

移動通信制御局は交換機としての役割を持ち、 それぞれの移動通信制御局が携帯電話の通話回線を形成しています。

ある区域内にある携帯電話機と別の区域にある携帯電話機電話機とを、 移動通信制御局が中継して通話を可能にします。

衛星通信の動き

衛星

衛星通信とは地球の上空を飛んでいる人工衛星が地上からの電波を中継し地上に向けて送りかえすものです。

地上から500Kmを超える高高度を周回しているため遠距離の通信が可能となり国際通信、大陸間通信といった地球規模の 多数の通信が障害物なく通信できます。

通信ケー ブルを長い距離、何本も敷設し、多数の中継装置を設置して通信を行うのに比べると、 長距離、広範囲の通信が非常に経済的に行えます。

Designed by CSS.Design Sample