古いものから新しいものへ

warning

パソコンとデジタル信号のイメージ01

アナログという言葉は昔からあってなかなか機械音痴な人もアナログなのでとかいう言葉に使われていて今でもなじまれています。

アナログ信号の特性としてはどんな値でも自由にとりながら連続して変化できます。電話信号の場合なら音声をそのままアナログ信号変えられるんです。

さらに優秀だなって思う部分は音声からの空気の圧力の変化は大きい、 小さい、高い、低いというそれぞれの音に合わせて変化ができるところなんです。

パソコンとデジタル信号のイメージ02

世代交代

ここで別の世代のデジタル信号のことですが、デジタル信号は連続ではなく飛びとびに変化できます。デジタル信号は基本的には0と1というシンプルな数字で表されます。

電気信号の場合だったら電圧の0ボル卜、特定の電圧を1に対応させてという感じで表して電気を流します。 アナログ信号とデジタル信号だったらどちらかというと、デジタル信号の方が通信の信号として向いています。

それはなぜかというと、デジタル信号にすると、文字、音声、静止画像、動画像というたくさんの情報を種類をいちいち分けずにまったく同じように扱えるので一気に送る送ることができるんです。

パソコンやモパイル端末など情報を送受信する機器のほとんどがデジタル情報を扱っています。ということは世の中のほとんどのメインとなってるのがデジタルの方だということですね。人間も機械もどんどん変化が訪れる時代です。

パソコンとデジタル信号のイメージ03


Designed by CSS.Design Sample