新しい伝達手段

ケーブルの進化型

光ファイバーで繋がるwwwのイメージ

光ファイバー光ファイバーとCMや巷でも騒がれていますが、光ファイバ一ケーブルを使うとたくさんの情報を遠距離に送ることができるのでいいことだらけです。
  • 結構安い
  • 薄くて軽い
  • ノイズ防止するので音が安定してる
  • 長い距離でも強い

どうですか?うるさくないとか安いとか強いというだけでもかなりのメリットになってますよね。

進化したケーブルをもっと詳しく

光ファイバーを使用したインターネット通信

光ファイバ一はミクロ単位のガラス繊維なので結構繊細です。その分光を通しやすいので送られやすいです。

その光がガラス繊維の中に閉じ込めらて外に漏れないようになってるので結構高度ですね。

ガラス繊維は中心部の光を通すコアでそれを包む周囲の部分のクラッドという造りになっています。


携帯電話からインターネットを介してメールを送る

コアの部分のガラスの屈折の度合いは結構高いんです。どうして屈折が高低のある造りのがいいのかというと、真ん中に光を入れると光はコアとクラッドの境界で全反射を繰り返しながら伝わって光がガラス繊維の外に漏れるのを防いでくれるんです。

しかも、光ができるだけ遠くにいけるように高純度のガラス繊維を使っています。これは透明度が高い繊維です。ある程度の距離でも透明度が確保されているのが優れものです。

そのかわり、光ファイバ一がむき出しのままではガラスに傷がついたり折れたりするからガラス繊維をナイロンでかぶせてあげておく必要があります。


Designed by CSS.Design Sample