信号の影響

伝わり方のクオリティ

実をいうと電気信号を送ると、伝送距離が長くなるにつれ信号が弱くなってしまうという弱点があります。この内容に入る為には信号の伝送と品質低下という部分について知っておくとベストです。どうして伝送距離が長くなる度に信号が弱まっていくんでしょうか?それは電気信号の電圧が低くなるからです。

電気デジタル信号のイメージ

単純に長い距離を送るとそのままでは電気信号が弱まって通信のクオリティも下がります。

なのでどういう対策をとるかというと中継器を設置して弱くなった電気信号を増やしてからして元の強さにするという対策がありあります。ほかにもいやなところは、電気信号を送ってる時にケーブルの外からノイズが入って電気信号のクオリティが落ちます。

こういう事はいや!という方でしたら、加えられたノイズを定期的に除去しながら送ることをオススメします。

2つの信号クオリティ

携帯電話と通信のイメージ

アナ□グ信号とデジタル信号の中継回復というお話をさせていただきます。要するに、衰弱した信号の増幅やノイズの除去はアナログ信号とデジタル信号だとかなりの違いがあるからです!デジタル信号の場合だったら元の信号への回復が容易で高い精度で回復できます。アナログ信号の場合は元の信号への回復は簡単じゃないので回復の精度も割と低いです。ここでも差が出てしまっているのが悲しいところですね。何か若いころは疲れがすぐとれたのに、歳をとると疲れがとれにくいみたいな話をしてる感覚になってきました。

アナログ信号を増やす時には信号の波形をできるだけ正確に保って増幅処理をすることがオススメです。なぜかというと中継器で増幅する際に信号の波形が少しでも崩れてしまったら伝送中に中継器で何度も増やされるうちにたまっていき波形がかなりに大きくなってしまうので信号のクオリティがかなり下がります。しかもさらに問題が…。

アナログ信号はノイズを除去することができません。 なので長距離を伝送するうちに加えられたノイズが溜まっていって信号のクオリティを下げます。ノイズをどうにもできないって結構痛いです…

デジタル通信のイメージ

デジタル信号の回復はデジタル信号は、1にあたる高電圧と0にあたる低電圧の2つの値しかとらないため結構簡単に回復します。シンプルなのがベストですね。ノイズや波形の歪みがもしなかたら信号自体が減ったりノイズに影響されることはないので元の姿に回復させることができます。だからデジタル信号の方がアナログ信号よりもクオリティがいい伝わり方ができるんです。ん~やっぱりデジタルは若いっ!!


Designed by CSS.Design Sample