さまざまな信号の違い

信号の変化

コンピューターの電源

  1. コンピュータを通すような機器はすべて電気的に情報を処理します。
  2. 光信号への変換する場合に光ファイバ一ケーブルを道として使って通信を行うのは光信号への変換がいります。
  3. 情報を送ると信号を光信号に変換します。
  4. そして情報を受け取ると信号を電気信号に変換します。
  5. 信号の変換の為に半体発光素子というものを使用して変えます。半導体発光素子は電気を流すと光を発生させます。
  6. 電気のパルスで半導体発光素子をオンと才フができます。
  7. なので電圧がかかった時にオンすれば光がピかっとなります。
  8. 逆に電圧がオフは光が発生しないんです。
  9. こうやって電気のパルスである電気信号を流すと光信号が発生します。

光信号のイメージ

こういう流れで電気信号を光信号に変換を完了します。逆ですが、光信号を電気信号に変えるには半導体受光素子を使います。半導体受光素子は光が当たると電流が流れて光が当たらないと電流が流れないというシンプルな造りです。

光が当たると光の強弱に対応して電流が流れます。これって結構敏感なものですね。

さらに流れた電流から元の電気信号を取り出すことができるのでいろんなことができますね。

処理の概要

コンピューター内部の信号イメージ

光ファイバ一伝送についてお話させてもらうと、光ファイバーを伝送される光信号は強いですし長距離でも割といい伝送ができるのがメリットです。

でも時々弱まることもあるので、中継器を置いて減衰信号の増幅やノイズの除去をして回復をする必要があります。でも増幅の処理やノイズの除去の処理とか回復処理を行う為には電気信号の方がやりやすいので面倒ではないと思います。


Designed by CSS.Design Sample