情報のやり取り

無線の場合は?

パソコンとデータ01

普通だったら銅線のケーブルを使って通信して情報が送れます。電気信号には交流の電気が使用されてます。

それは時間がたつたびに電圧がプラスとマイナスを繰り返しながら変わっていきます。それから1秒間の波の繰り返し回数が周波数っていいます。

パソコンとデータ02

そのかわり、情報を電気信号にすると、1種類の波形の交流じゃなくていろんな波も混じるような形になります。 電気自体のいいところは距離が長くなると普通は弱くなるんですけど増幅器とかもしあったら元の強さにまたできるので安心です。しかも電気は光と同じくらい速いので伝わるのも速いのが魅力がるところです。速いに越したことないですからね。

だから増幅器を置くところも銅線の場合は数km とかで、光ファイバ一の場合はかなり大きくなります。そうなると同じ距離では、増幅器がそこまでいらなくなるのでお得です。電波は光と同じような特質を持ってるのでものすごく速いです。

電波は電気の波でと覚えればわかりやすいですし、アンテナから発射された電気の波が、 アンテナを軸として拡散します。

では有線なら?

有線の通信だったら光ファイバーケーブルをよく使います。光ファイバーケーブル通信はケーブル中をとおって情報が伝わります。光ファイバ一ケ一ブルを伝搬する光信号は長距離でも弱まらないので安心なケーブルです。そこが有線といっても普通のケーブルとの大きな違いです。


ケーブルのイメージ

Designed by CSS.Design Sample