たくさんの通信が行える手段

パケット上手な使い方

パソコンイメージ

バケッ卜通信の最大のメリットはたくさんの通信が同時進行でできます。パケット通信では情報がパケット単位で切り取って送られるので通信回線中をたくさんの通信のパケットを混在して出せるんです。その結果、複数のコンピュータが1つの通信回線を使って通信ができます。通信回線を占有しないというところもある意味大きなメリットです。パケッ卜で情報を送ると通信回線を独り占めということにならないです。そのかわり大きなデータの場合は独り占めという形になり、送られるまで遅くなります。


身近になったパケット

スマホイメージ ルータ

インターネッ卜でもパケットは当たり前になっています。インタ一ネッ卜では1つのコンピュータから送り出されたパケットはたくさんの機器を通って受信側のコンピュータに送られます。送信側と受信側のコンピュータだけでなくこうした中継機器もパケッ卜に入ってる情報を理解できるのでバケッ卜を送ることができます。ルータは1つのパケッ卜を把握して送り先のアドレスを調べてから送り先コンピュータがある通信方向の次のル一夕に向けて転送してくれます。こうやって、パケッ卜はルータとの間をいったりきたりして目的のコンピュ―ターへ送られるという仕組みです。そしてコンピュータがあるLANのルータは宛先アドレスから認識して自分のLAN内に取り込みます。皆さんもご存じの通り、パケット通信は携帯電話でも使われているので通信では回線を占有して使えないので回線を使える時間は特に決まってなくて使ったパケ ッ卜の量によって料金が決められます。でも、今はパケ放題というプランもあるのであまり気にする方は少ないと思います。じゃないと料金たくさんかかるならスマホなんて使えないですからね。


Designed by CSS.Design Sample