OSI参照モデルは7層構造

OSI参照モデルは通信プロトコルとして7つに区分されています。

データ通信サービスイメージ

• 第1層(物理層)
データを通信回線に送出するための電気的な変換や機械的な作業を受け持つ。ピンの形状やケーブルの特性なども第1層で定められる。
• 第2層(データリンク層)
通信相手との物理的な通信路を確保し、通信路を流れるデータのエラー検出などを行う。
• 第3層(ネットワーク層)
相手までデータを届けるための通信経路の選択や、通信経路内のアドレスの管理を行う。
• 第4層(トランスポート層)
相手まで確実に効率よくデータを届けるためのデータ圧縮や誤り訂正、再送制御などを行う。
• 第5層(セッション層)
(OSI参照モデルの第5層に位置し、通信の開始時や終了時などに送受信するデータの形式などを規定したもの。) 通信プログラム同士がデータの送受信を行うための仮想的な経路の確立や解放を行う。
• 第6層(プレゼンテーション層)
第5層から受け取ったデータをユーザが分かりやすい形式に変換したり、第7層から送られてくるデータを通信に適した形式に変換したりする。
• 第7層(アプリケーション層)

通信イメージ

データ通信を利用した様々なサービスを人間や他のプログラムに提供する。

7層の利用方法

7層イメージ

上記のような各層の規定はほかの層の規定とは独立して取り扱われます、 プロトコルの階層化によって、通信環境の変化や不具合等で通信システムに修正が必要になった場合にも柔分だけを修正すれば良いからです。また、通信システムを構築する場合においても、1から10まで全てを作りこむ必要はなく、ある階層では既存のプロトコルを使用できたり、分業によって異なる階層を同時に作成することもできます。そのうえ、通信に障害があった場合など、下層から順に原因を調べて行けば、どこに原因があるのか突き止め軟に対応することができるようになります。該当する階層部やすくなるというメリットもあります。


Designed by CSS.Design Sample