さまざまな交換の違い

なぜ1人通話なのか

通信経路イメージ

今の地球上では電話回線がそこらへんにとおってますので、それぞれの回線の交換機が置かれてて回線を流れる電気信号の伝送経路を制御の役割をはたしています。まぁ電話は当たり前ですから当然の準備だと思います。電話だったら通話相手の電話機でファックスから送り先のファックスを含め伝わるために両者の間の経路はつながってないとダメです。電話通話やFAXの送信で電話回線を使って番号を押すと電話をする人から相手への交換機が次々にスイッチを閉じてから1本の通信経路を確保してくれます。なので通話の間はつながりっぱなしという状態という事です。ということは、ユーザーをつなげている通信経路となる部分の回線を1人で使ってるということなのでその人しか使えてないわけです。


ネットに適した通信

ネッ卜イメージ

パケットって言葉よく聞きませんか?パケット料金とかいろんあ言葉にもなっていますが今日はパケット交換という部分で話をすすめます。回線交換の他にパケット交換というものがあって、簡単に言うと長いデータを分割してくれてるんです。はさみみたいですね。なぜそうするかというと、情報を分割してそれらを順番に送り出してくれるからです。 インターネッ卜は特にバケッ卜をメインで使っています。インターネッ卜ではル一夕を使うのでパケット交換機やルータは情報を送ってるパケットを着信側に向けて最適なルー卜で送ってくれます。パケッ卜交換は心が広い部分があって、通信利用者間に1本の専用の通信経路を作り上げるのではなく通信回線のすべての経路がすべてのユーザーのポケットの通信経路なんです。


通信回線イメージ

Designed by CSS.Design Sample