プロトコルパケット

プロトコルとパケット

パケットとは、ネットワーク間で転送される情報の基本単位のことです。基本パケットは、送信側システムと受信側システムのアドレスを含むヘッダー、転送されるデータを含む本体、つまり「ペイロード」で構成されます。パケットが TCP/IP プロトコルスタックを通過するとき、各層のプロトコルは、基本ヘッダーにフィールドを追加したり、そこからフィールドを削除したりします。送信側システムのプロトコルがパケットヘッダーにデータを追加する場合、そのプロセスを「データのカプセル化」と呼びます。通信プロトコルは送信側、受信側の対応する層同士だけでやり取りを行うようになっています。

PCイメージ

パケットとTCP/IP

ボードイメージ

通信プロトコルのプログラムは層ごとにヘッダを付与していきます。 TCP/IPはTCPとIPと他のいくつかのプロトコルに分かれています。IPは下位レベルのプロトコルです。パケット配信を行うプロトコルで、データに対してコネクションレス型の配信システムを提供します。つまり、IPパケットがその送信先に届く保証は無く、送信された順序で受信できる保証もありません。そのためIPパケットに含まれているデータやデータの並びに対する責任は上位のプロトコルが負うこととなります。


データイメージ

TCPは上位レベルプロトコルであり、信頼性のあるIP上に接続ベースのプロトコルを提供します。TCPはパケットの確実な配信を保証し、データが正しい並びで送信されるようにします。TCPは伝送中にネットワークでTCP/IPパケットが破損したり紛失したりするという障害が発生すると、障害のあるパケットを再送信します。このようなことからもTCP/IPは信頼性の高いプロトコルです。ちなみにデータリンク層の通信プロトコルではでーた片をパケットではなくフレームと呼ぶこともあります。


Designed by CSS.Design Sample