通信システムの全てがわかる役立つ知識マニュアル TOP  >  インターネット通信においてのプロトコル

インターネット通信においてのプロトコル

PCイメージ

プロトコルイメージ

インターネットでの通信は、「TCP」と「IP」というプロトコルを中心に行われています。TCP/IPと呼ばれインターネットの標準的なOSI参照モデルをベースに考えられたプロトコル体系です。TCP/IPモデルでは、7つから4つの階層に簡略化され、TCP/IPを中心に行われる通信の各プロトコルは、「TCP/IPプロトコル群」として各階層に分類されています。また、TCP/IPを中心とした、TCP/IPプロトコル群のプロトコル全体をまとめてTCP/IPと総称する場合もあります。


TCP/IPとOSI参照モデルの関係

パソコンsmtpイメージ

インターネットの標準プロトコルはTCP/IPですが、このWWWシステムにおいても、WWWの標準プロトコルが存在します。このWWWを支えるプロトコルがHTTPと呼ばれるプロトコルです。ブラウザのアドレス欄に「http://」で始まるURIが表示されているのは、まさに「HTTP」プロトコルで通信している証拠です。このほか、SSLという暗号化技術を使ってデータをやり取りする「HTTPS」というプロトコルもあり、この場合は「https://」となります。その他、電子メールのサービスを規定するものを SMTP,POP3・ファイル転送、Talnetを規定するものでFTP,TELNETなどがあります。例えばインターネットの電子メール送受信はTCP/IPとSMTPおよびPOP3を組み合わされて行われ、WWWはTCP/IPとHTTPを組み合わせて実現していることとなります。


Designed by CSS.Design Sample