通信システムの全てがわかる役立つ知識マニュアル TOP  >  データのやりとりで使われているもの

データのやりとりで使われているもの

パケットに付随する情報

PCイメージ

データのバケッ卜分割を説明しましょう。パケッ卜は長いデータを分けてくれる上に必要な情報は落とさず付け加えてくれます。 たとえばコンピューターはデータのバケッ卜にて分けて送ってくれます。受ける取ったコンピューターは送られてきたパケットをすべて受け取り元のデータに戻して理解してくれます。 パケットはデータ片の部分とヘッダと卜レーラっていうものから作られています。 ヘッダと卜レ一ラには送受信に必要な情報を入れておきます。 この情報はデータの送り先を情報データを送り出したコンピュータの情報が何番目のパケットなのかを示す番号や1つのバケッ卜の先頭を示す符号と同じパケッ卜の終わりを示す符号や通信中の誤りを検出するための情報などいっぱい情報が含まれています。これらの情報があると正常に送信や受信ができます。


パケットイメージ

パケットの回線範囲

回線イメージ

パケッ卜の形式で情報を送ると通信回線はあなただけのものではなくなります。例えば、 大きなデータをそのまま送ると届くまでに時間がかかってしまい、その間は他の通信ができません。でも、パケットの形式というやり方ならとパケットとパケットの間に他の通信のパケットを伝送することができるので通信回線を使うのにすごく効率的です。しかもアドレスを使って確実に情報を相手に届けることができるので一対一の専用の通信経路を作り上げる必要がないのがうれしいところです。ケースバイケースでメリットがありますね


Designed by CSS.Design Sample