いつでもどこでも

ユキビタスでネットコミュニケーション

ユビキタスって言葉きいたことありますか?なかなか聞きなれない言葉ですし、下手をすればきいたことないという方もいるかもしれません。ユビキタスのそもそもの言葉の意味はいつでもどこでもという意味があります。


場所、時間が自由なコンピューター

ユビキタスコンピューティング例

この記事を紹介するにあたってユビキタスコンピューティングという言葉が出てきます。1つ目の段落の意味から考えると、いつでもコンピューターを自由に使うことができるという意味です。さらにはユビキタス会社というものもあります。

この言葉はイメージできますか?これはユビキタスコンピューティングを実施してる会社という意味で、一般社会の中にコンピューターの環境を溶け込ませることに、お客様の要求にどんな時でもコンピューターの力でサービスを臨機応変に提供できる会社です。


ユビキタスで楽しむ携帯

さて、ここまでユビキタスという言葉の意味をざっくりと説明しましたが、今では外でウロウロしてる時でもネットワークを使ってネットを楽しんだり知り合いと会話を楽しめる世の中になりました。

つまり携帯電話によってコンピューターを楽しむことができます。こういうネットワークと携帯の融合で情報をいつでも取得できることを、モバイルコンピューティングです。PDAや無線LANを含む情報の閲覧や取得もモバイルコンピューティングです。そしてそれがさらにパワーアップしたのがユビキタスコンピューティングです。

ユビキタスのいいところは街中にある無線や有線のネットワークを使って情報のやりとりができたり、サービスを人々に提供したり処理までもできます。今では携帯が当たり前のようにそれと同時にユビキタスも中心になってきてます。ユビキタスは携帯にも備わっていますので。

ちなみに、ユビキタスのベースになるのが、ブロードバンドです。これによってさらに進化を遂げた有線や無線のブロードバンドがユビキタスを向上させます。


Designed by CSS.Design Sample