お金のIT化

お金とICカードの一体化

ICカード

非接触ICカードっていうのはICタグと全く同じ技術をもって造られています。具体的に非接触ICカードはどんなものに使われているか知ってますか?

例えば、スイカやエディなんかがそうです。ということは多くの方々がこの非接触ICカードと接してるということになりますね。 スイカとかエディは非接触ICカードを使用している電子マネーです。別名が電子カードマネーっていいます。

それで非接触ICカードマネーが使える携帯というと何ていうでしょう?これはよく耳にしたことがあると思いますが、おサイフケータイです。

ICカード電子マネーはICチップにお金の価値と同じデジタル情報や残高金額入金や出金のデータを保存して管理してくれる優れものです。お金を持たずに買い物ができるって大昔の世の中では考えてもみなかったでしょうね。


NEC ICマネーシステム

例えばですが、買い物の支払いで電子マネーのICカードを専用端末装置としてICカードのリーダ/ライタ装置に近づけたりすると双方で金額のデータがやり取りができるので、ICチップの残高のデータは支払い金額ぶんを減じた額に書き換えてくれます。

ということはクレジットみたいに後になって口座から引落しとかじゃなくてお金を使う場合と同じようにその場で決済が完了します。クレジットみたいに後で引落しではないのでお金をその場で使う感覚で考えてお買いものをできますね!

あ、付け加えですが、ICタグはシステムから送信された情報を表示ができません。なのでICタグを使ってる人が情報を届けたいなら携帯とかの端末と一緒に使わないといけないことになります。


IC

ICカード電子マネーの場合は読み書きができる秀才なので使ってる人本人がデータを書き込むことが可能です。ということはICカードの中に入れる所持金を設定することができるということです。

最初にICカード電子マネーを買う時に残高がなくなったり少なくなったりしたら自分がしたい金額を書き込んでチャージします。スイカやエディはフェリカっていうカードをベースに作られています。

フェリカっていうのは非接触ICカード技術の国際標準規格なんです。フェリカはそういう電子マネー以外でもおサイフケータイに組み込みがされていている電子マネーICカードを含めて日本とか世界各国でいろんな非接触ICカードとして受け入れられています。そうですよね。ここまで便利だと受け入れられない方がおかしいです。


Designed by CSS.Design Sample