情報管理の進化

優れたデータ通信の形

ICカード

ICタグというものを最近仕事でも使うようになりました。自分が使うということは同じようにまわりも使っているのかなと思いそのニーズに興味を持っています。

ICタグというのはICチップと無線アンテナからなる装置です。ICチップの役割としてはメモリなのでデータを入れたりできます。

さらに無線アンテナで送受信されてる電波を使って入ってるデータを読み出しとかしたりメモリにデータを上書きしたりができりものです。


ICタグ

ICタグはかなり小さく薄いコンパクトにすることができます。その特徴としては長距離でも無線で読み出したりやデータの書き込みができるところです。どんなに距離があってもここまでできるって便利極まりないですね!

そのかわり。そのためにICタグから発信する電波を受信してデータを読み込んでから電波を発信してICタグにデータを書き込むためにリーダ/ライタが必要です。

さらにと言っては何ですが、ICタグを携帯を使用した通信システムに組み込むと、なんと…ユビキタスコンピューティングの元となるシステムができるんです!!


ICタグ付携帯で改札

Cタグユーザーの個人情報を入れておいて大きな店舗やモールなどにリーダ/ライタを置いていたら、ICタグから読み取った情報やユーザーの状況に合わせてユーザーが欲しいと店舗や商品の情報を携帯に送るっていうシステムにしたりできます。これすごいですね。なんかAmazonのサイトのはなしをしてるみたいです。

ほかにも、ユーザーが意識してICタグから発信したデータを受信してネットワークを通して送られてその情報をベースに処理をしてからユーザーの携帯に情報を送ることもできるんです。

ICタグと携帯の組み合わせは今までの情報からするとかなり役に立ちますし、ユビキタスコンピューティングと同じ存在となることにもなりえます。


Designed by CSS.Design Sample