IPアドレスは住所

通史とIPアドレスのイメージ

IPアドレスは通信先のコンピューターを決める住所のようなものになります。宛先メールアドレスのメールボックスがあるコンピューターを示しています。

インターネットの仕組み上、プロバイダから割り振られるIPアドレスはたった一つしか存在しません。
郵便が間違って届くと困ることがあるようにIPアドレスが重複してしまった場合、混乱を招きます。

それをを防ぐため、IPアドレスは必ず世界で一つであると決められているのです。


通信とインターネットのイメージ

IPアドレスはパソコンが通信に使用するために作られたのなので、123.456.789.123と3桁の数字が4つ並んだ形でパソコンなどの機械では処理しやすいのですが、我々人間には非常にわかりづらいです。

こうした問題を解決すべく「ドメイン」があります。 これは、 ホームページを搭薩するPCを示しています。

taro@bell-group.co.jp というメ一ルアドレスでは「bell-group.co.jp」がドメイン名です。

ドメインを取得したらIPアドレスとドメインを結びつける必要があります。 この結びつける役割を果たすのがDNS(Domain Name System)呼ばれています。
DNSはドメインとIPアドレスを変換する機能があり、ドメインでホームページを見ているのはこのDNSのおかげとなります 。


アドレスの表現方法

IPアドレスの数字の羅列は範囲が決まっているので割り当て可能なアドレス数の上限も決まってきます。
バージョン4と呼ばれるIPv4は「3桁の数字×4ブロック」で、約43億個になります。わかりやすいように、8ビッ卜ずつ4つに区切り、10進数で表します。

例えば、「195.2.1.1」などのように表されます。
最近はインタ一ネッ卜の急激な発展に伴い、IPv4の要領だけではIPアドレスを割り当てることが難しい状況になった為、IPの新しいパ一ジョンであるIPv6が開発されました。

通信とインターネットケーブル

バージョン6と呼ばれるIPv6では、IPアドレスを
2001:c900:0ab0:0000:0000:1234:5678:0000
といった4桁の16進法の数字×8ブロックで表現します。

IPv6で使えるIPアドレスの数は、43億の4乗(43億×43億×43億×43億)個となりかなりの要領アップです。IPv4からIPv6への切り替えは徐々に進められています。

これらの管理は世界的な重複を防ぐために国際的なインターネット機関であるISOCやIANAといった機関が一元的に行っています。日本ではJPNICという機関が管理しています。

Designed by CSS.Design Sample