ルーターとは

通信(インターネット)イメージ文字画像

LANをインターネットに接続するにはルータと呼ばれるネッ卜ワーク同士をつなぎ、それらネッ卜ワーク間での通信を可能にする機器を使用します。

インターネットの送受信のみならず会社や家庭内の複数のパソコンを接続することできます。

ルーターにはDHCPサーバ機能というものがあり、複数のパソコンにプライベートIPアドレスを割り当てることで、PCを同時にインターネットにつなげたり、ファイルの共有やプリンターの共有なども可能とします。
ネットワーク内で複数のパソコンやネットワーク機器をつなぐことができるため、会社・事業所・家庭などで幅広く使用されています。

通信とインターネットケーブル


ルータの接続はLAN側にルータを設置、プロバイダのネッ卜ワークに設置されたルーターと接続します。

プ□バイダのネッ卜ワーク同士もルータで接続されているのでインタ一ネット通信ではコンピュータから送り出されたデータは送信側LANのルーターからプ□バイダのルータ間を転送され、受信側のルーターを通り届けられます。

プロバイダーは多数の加入者のLANが接続しているので転送する方向は1つではなくいく通りかあることです。

ルーティングとは

宛先となるホストまでパケットを送信する時に宛先コンピュータを示すIPアドレスをチェックして最適な経路を選択して転送することをルーティングといいます。

ルータは最適な経路を決定するためにルーティングテーブルを参照します。
ルーティングテーブルは受信したパケットをどこへ転送するべきかを決定して、宛先のコンピュータが属するネッ卜ワークのルータへ到達し、宛先のコンピュータに届けられます。

通信のイメージ

Designed by CSS.Design Sample