IP電話を組織内で使う

IP電話の活用

IPビジネスホン

組織内で使われるネットワークは電話ネットワークとLANによるデータネットワークの2種類で、 それはそれぞれ行うものですがIP電話とはTCP/IPを使用するデータ通信の仕組みで通話音声のデータを送受信 できるため電話ネットワークとデータネットワークを一本化できる仕組みです。

IP電話とケーブル

IPネットワークを使って拠点間のコンピュータ・ネットワークができていれば 電話網も一緒に構築でき、コスト削減にもつながります。


一般電話からIP電話にするには

ゲートウェイ

一般電話にはLAN接続できる機能がないためPBXをゲートウェイと呼ばれる装置を使ってLANに接続できるようにします。

もしも、既存電話機がPBXを使わないような小型のものであったら VoIPアダプタという装置を使えば1台ずつ個別にLAN接続することもできます。


Designed by CSS.Design Sample