LAN同士の接続

基幹LANと支線LAN

LANネットワークイメージ

基幹LAN(パックボーンLAN)と支線LANという仕組みを使うと、 LANを拡張することができます。 基幹LANには、イーサネットとFDDIが使われることが一般的です。

イーサネットの場合、同一構内の複数のイーサネットLAN同士をつないで、 より大きなLANに拡張することができます。

また、同一構内に複数の建物が存在し、それぞれで独立のLANを形成している場合、 その既存のLAN(支線LAN)を結びつけるネットワークを基幹LANとすることができます。

FDDI

光ファイバーイメージ

イーサネットとは別の仕組みである「FDDI」は、 ANSI (米国規格協会) が標準規格を制定しています。 FDDIは、リング型に接続する形をとる点で、 トークンリングと同じで、フレームの制御でもトークンパッシング方式を用いています。

しかし、トークンリングとまったく同じではなく、 FDDIは、光ファイバー・ケーブルを使用する点でトークンリングとは異なります。 その点で、高速(伝送速度100Mbps)でデータを伝送でき、 200kmという非常に長い距離の伝送でも通信品質を落とさずに通信が可能です。

LANケーブル

FDDIの通信ケーブルは二重になっており、 それぞれ「1次リング」と「2次リング」といいます。 通常の使用では、1次リングだけを使用し、2次リングを使用しません。

2次リングが使われるのは、1次リングが故障したような場合です。 その場合には、故障箇所を切り離し、 そこから2次リング側に逆方向の信号を流します。

したがって、FDDIのLANでは、ケーブルの故障があっても、 通信が中断、停止することはありません。 この構造のおかげで、FDDIでは安全性の高い通信が可能です。


Designed by CSS.Design Sample