パソコン同士をつなぐ

LANの普及

lanの電波

LANは、同一の構内にある複数のコンビュ一タ(パソコン)を ケーブルで接続して通信を行うためのネットワークです。

LANの通信回線には、通信事業者から提供された公衆回線を使うのではなく、利用者自身が用意した通信回線とケーブルを使用します。

したがって、ケーブルの設置は利用者が行わなければいけません。


lanのネットワーク

LANは利用者にだけ閉じた世界のコンピュータ?ネッ卜ワークであり、 外部の利用者は使うことができません。

パソコンの価格が低下して、オフイスで1人が1台以上のパソコンを使えるようになったことで、 通信ネッ卜ワーク・LANが、企業や組織で使われることが一般的になりました。LANを導入して、業務の効率化、業務コス卜の低減化を図れるようになりました。


LANを使って共有

lanでつないだPC

LANを使うと、情報の共有が効率化します。 自分のパソコン上のデータを別のパソコンに高速で転送したり、 反対に、他のパソコンから自分のパソコンにデータを転送することができます。

データの共有というのは、あるパソコン上のデータに他のパソコンからアクセスして、 その内容を見たり、書き換えたりすることができるということです。 また、プリンタやスキャナなどの周辺機器の共有も可能です。

さらに、LANを使用には、管理者が、 LANでつながっているパソコンやソフ卜ウェアを統一的に把握、管理できる利点があります。


Designed by CSS.Design Sample