家庭のネットワーク

手軽にインターネット

インターネット

電力線通信は、手軽に使えるLANという点が魅力ですが、 いくつかの問題を抱えています。 日本の電力線通信(PLC)は、屋内のみで使用されるもので、 ブロードバンドというよりは屋内ネットワークということになります。 つまり、LANと類似したものになります。

電力線通信は、既存の電力線を利用できるので 新たにネットワーク用のケーブルを敷設する必要はありません。 そのため、競合するのは、LANケーブルをその都度敷設する必要のある有線LANではなく、 ケーブルがいらない無線LANであるといってよいと思います。

そして、電力線通信が普及すれば、 電力線モデム (PLCモデム)を用意するだけで、そこにある電力線を使うことで、 LANを構築できる利便性からいって、パソコンやネットワークに慣れているかどうかに関係なく、 簡単にLANを利用できることが期待されています。


家電のネットワーク

一般の人、特にパソコンやネットワークに不慣れな人にとっては、 非常に馴染みやすいネットワークになるの ではないかと考えられるからです。

また、電力線通信機能を備えた家電の普及により、 機器が安くなったり、また、規格の統一が進めば、 接続する機器の種類を問わず、情報交換のネットワークを構築でき、 一般の人にとっても、馴染みやすいネットワークになるでしょう。

電力線通信の課題

電力線ケーブル

しかし、電力線通信が電力線を使うことから生じる問題もあります。 本来、外部とつながっている電力線では、 利用者が送信した信号は、同じ電力線につながっているところに漏洩する危険性を伴います。 情報を暗号化するとしても、漏洩の危険性は残ります。

また、一つの電力線につながっている利用者が同時に電力線通信を行うと、 通信が混雑し、通信速度が低下してしまいます。


Designed by CSS.Design Sample