CSMA/CDについて

フレーム

lanの電気信号

LAN通信では、通信をしているパソコン同士の間で フレームと呼ばれる電気信号のかたまりがやり取りされています。 1本のケーブルを複数のパソコンで共有しているイーサネツ卜LANでは、 一度に一つだけの電気信号がフレームに流れるようになっています。

1本のケーブルに一度に複数の電気信号が流れると、それらが混信したり、 電気信号が壊れたりしてしまいます。 そうなることを避けるために、2台以上のパソコンが同時にフレームを送ることがないようにしています。 CSMA/CDと呼ばれる仕組みが送られるフレームの制御をしています。


lan通信

パソコンがLANにフレームを送り出そうとするとき、 他のパソコンのフレームがLAN上にない場合にだけフレームを送ります。 いつまでも他のフレームが流れ続けているために、自身のフレームを送り出せない場合には、 「エラー」として、利用者に通知します。

しかし、待機しているパソコンが他にもあった場合には、同じ問題が生じます。 したがって、その問題に対処する仕組みが必要です。


CSMA/CDで解決

CSMA/CDの電波

その仕組みが「CSMA/CD」です。 10BASE-TのLANや1OOBASE-TXのLANの場合、 ハブ(10BASE5のLANの場合は卜ランシーバ)は、フレームの衝突の発生を検出すると、 妨害信号(ジャム信号)をセグメントに送ります。 LANに接続するパソコンは、フレームを送り出したあとに妨害信号を検出すると、 フレームの送り出しを中断し、 いったん待機してから、再度フレームを送ります。

イーサネットLANでは、CSMA/CDを使うことで、 複数のパソコンが1本のケーブルを利用することを可能にしています。 もっとも、多数のパソコンがいっせいに通信を行おうとすると、通信速度が低下したり、 フレームを送れないパソコンが出てくるということが、イーサネットLANの欠点です。


Designed by CSS.Design Sample