LANを回るトークン

トークンリング

トークン

LANでは、イーサネットの他にもトークンリングと呼ばれる規格が使われることがあります。 この規格もIEEEが制定しています。 トークンリングのLANでは、環状(リング状)にしたツイストペアケーブルにパソコンを接続していきます。 この場合のLANを、リング型のLANと呼びます。

トークンリングLANでも、フレームをやり取りしています。 トークンリングでフレーム同士の衝突を避けるために、 トークンパッシングという仕組みがフレームを制御しています。 制御には、トークンという信号が使われています。


フトークンの役割

パソコン

LANでの送信権を与える役割を持つトークンは、1つのトークンリングLANにつき一つしか存在しません。 トークンを持つパソコンだけがフレームを送り出せ、それ以外のパソコンはフレームを送り出せません。

トークンは、LANのリング内を巡回しており、そのことをフリートークン(空いたトークン)といいます。 パソコンはフリートークンを取得できたときだけフレームを送り出せて、 一つのパソコンがトークンを取得したときには、 フリートークンはなくなります。

フレームを送り出すときに、トークンの後ろにフレームを結合します。 その状態のトークンビジートークン(使用中のトークン)といいます。


LANケーブル

トークンつきフレームを受け取ったパソコンは、フレームの宛先MACアドレスを調べ、 自身のMACアドレスと同じであれば受け取り、違えば廃棄します。

自身のMACアドレスと一致した場合、そのフレーム部分をコピーして、 フレームを正しく受け取ったことを意味する受領信号を付けて、 LAN上に流します。 トークン付きフレームを送り出したパソコンが、それを受け取って、 トークン付きフレームの受領信号を確認してから、フレーム(受領信号も)を削除し、 卜一クン部分だけのフリートークンに戻してLANに送ります。

LAN上のフリートークンとなってから、別のパソコンは、トークンを入手することができます。 このような仕組みをもつトークンパッシングのLANでは、必ずフレームを送り出せるという利点があり、 どのパソコンも最終的にはトークンを入手できることになります。


Designed by CSS.Design Sample