アクセスポイント

ワイヤレスLANイメージ

無線LAN

LANには無線を使うものがあります。 それを「無線LAN」といいます。 無線LANの規格は、IEEEが制定しており、 無線LANは、無線に対応したイーサネットです。 無線LANにはIEEE802.11bやIEEE802.1lgといった規格があります。

IEEE802.11bは数年前まで主流でしたが、 今では、IEEE802.1lgという規格が普及しています。 IEEE802.1lgはIEEE802.11bよりも高速な通信が可能です。 すなわち、周波数2.4GHz帯の無線を使って、 最大54Mbpsの伝送速度で無線通信を行います。 無線LAN方式でネットワークを構築するためには、 無線LANカード(ワイヤレスLANカード)とアクセスポイントが必要になります。

無線LANを行うには、パソコンに無線LANカードを装着する必要がありますが、 無線LANが一般的になるにしたがって、 最初から無線LANカードが組み込まれたパソコンが出回るようになってきました。


カードをとりつけて

LANアクセスポイント

また、携帯電話の基地局にあたる「アクセスポイン卜」が必要です。 無線LANには、パソコンに無線LANカードを取り付ける必要があるといっても、 そのパソコン同士が通信するのではありません。

このアクセスポイントが、各パソコンの間に入って、無線LAN通信を行います。 アクセスポイン卜は、無線LANの規模によって、使用される台数が異なります。 各アクセスポイントが使用する電波の周波数を異なる周波数域に設定しておけば、 アクセスポイント同士の電波の混信を避けられます。

無線LANは、無線LAN同士だけでなく、イーサネットLANとつなげることもできます。 そうすれば、無線LANにつながったパソコンとイーサネットにつながったパソコンとで通信できるようになります。

セキュリティの対策

LANセキュリティイメージ

無線LANには、電波が盗聴される危険性が伴います。 そのため、セキュリティ対策として、データを暗号化して送信します。 Wi-Fiに準拠したアクセスポイン卜や無線LANカードを使用すれば、 装置のメーカーを問わない装置の組み合わせができます。

Wi-Fiに準拠しているとは、無線LANの相互接続性を保証するWECAにより、 相互接続性が認定されているということです。

なお、無線LANには、公共無線LAN、あるいは公衆無線LANというサービスもあります。 それは、公共の場所でのインターネッ卜接続を可能にするものです。 たくさんの人が集まるような公共の施設に無線LANのアクセスポイン卜が設置し、 その場所に行くだけで無線LANを利用できます。


Designed by CSS.Design Sample