人同士が繋がる手段

つながる手段

テレビ

辞書で調べると郵便、電話、電信を使って情報を交換したり、連絡をしたりっていう意味になります。でも普通は通信って情報を送受信するや情報をやり取りすることを言うんです。 こういう意味に当てはまるものは通信という言葉になります。今では通信っていうとインタ一ネットの通信、LANの通信や携帯電話の通信が一般的ですが電話の会話やFAXの通信も今だに通信のメインとなっています。テレビやラジオなどの放送も通信のカテゴリーに 入ります。


過去から未来へ

モールス信号

こういう電気的な通信の以外でも郵便による手紙や八ガキのやり取りも通信の1つです。また、海上で艦船同士が行う手旗信号やライ卜を使ったモール ス信号も通信です。 さらに、人と人とが対面して行う言葉(音声)による会話や手話も通信になります。通信通信という言葉ばかりくどくなってますね(笑) そもそも人間にとっての通信は対面した人間同士の言葉による会話からスタートしてます。すなわち、通信は人間が言語能力を獲得したときに始められたものであるといえます。 でも、人と人の直接の会話では声が届く範囲でしか情報を伝えることができないんです。そこで、できるだけ遠くに、早く、たくさんの情報を間伝えたいという人の欲求を満たすために、いろんな工夫がされて様々な通信手段が作り上げられてきました。古くは、狼煙という方法が使われててあとは、太鼓や木を叩いて、その叩き方で情報を伝える方法も使われていました。 紙に文を書き付けることができるようになると、伝令により手紙を送り届けることができるようになりました。日本の飛脚なども同じなんです。そのうち、交通機関の発達に伴い、それを利用して郵便のシステムができました。さらに産業革命を経て、モールス信号を使用する電信により、世界規模で素早く情報を伝達できるようになりました。電信は世界で初めて電気を使って情報を伝達することをできるようにしたものです。


世界へ情報を伝達

Designed by CSS.Design Sample