コミュニケーションの違い

通信と放送の違い

テレビ

通信と放送について、通信はメールなど信号・情報・データによるやり取りのこと。 放送はテレビ・ラジオを通じて視聴者・傍聴者に対して一方向の不特定多数への情報の流れです。 それぞれ違った形ではありますが電波や通信ケーブルなど情報伝達の媒介は同じものといえます。


周波数帯

電波受信

周波数はチャンネルによって変わります。  AMラジオは、526.5KHZ?1606.5KHZ  FMラジオは 76MHz? 90MHzの周波数帯の電波を使用して音声を電波に乗せて発信します。


テレビ放送

テレビ放送ではVHF放送が90MHz?1 08MHz、170MHz?222MHz、  UHF放送は470MHz?770MHz の周波数帯の電波を使ってテレビ番組を発信します。

衛星放送テレビでは、BS放送が11.7GHz?12.2GHz、 CS放送が 12.25GHz?12.75GHZという高い周波数帯の電波を使ってテレビ番組を配信します。

テレビ受像機は受信した音声電波、映像電波を復調して再生します。 この場合、映像信号と音声信号は別々に取り出されて再生されます。


Designed by CSS.Design Sample