CATV

ケーブル1

ケーブルテレビとは

ケーブル2

ケーブルテレビ(CATV)とは地上波のテレビ放送が届きにくい地域に配信するためのもので 日本では共同住宅でのTVアンテナ設備からはじまり、山間部や空港・鉄道・送電線・ゴルフ練習場・軍隊基地・大型ビル等 による電波障害対策を含む難視聴地域での採用など広範に使用されている。

当初は難視聴対策としてサービスが行われていましたが自主放送番組の発展により都心でも人気を集めています。そのためヘッドエンド・センターという設備を置き各家庭に送り出しています。

光・同軸ハイブリット方式

電波受信

ヘッドエンド・センターから家庭までの伝送路には主に光ファイバーが使われる。 CATVインターネットが本格的に増えてくるとそれなりのデータ量を流す必要が出てきたためである。

光ファイバであればケーブル内を流れる信号は外的要因によるノイズの影響を受けることがないため、 幹線部分を極力光ファイバ化することでノイズの影響を最小限度に食い止め、 最終的に上り方向のスループット向上が期待できる。

そこでCATVインターネットを手がけるCATV局では、 サービス開始に当たって従来の同軸ケーブルのみで構成されたネットワークをHFC型(光・同軸ハイブリット方式) に更新するケースがよく見られる。


Designed by CSS.Design Sample