衛星放送とは

衛星

衛星放送は、赤道上空約35,786kmにある静止衛星に中継器(トランスポンダ)を設置し 地球上から送信した電波を受信した後、異なる周波数に変換し地球上に向けて再送信し その電波を視聴者・聴取者がパラボラアンテナで受信し利用する放送である。

静止軌道からは地球のほぼ半球が見えるため、広範囲での受信が可能である。 一方、地上系による放送では、見通しのよい山頂や高い電波塔に設置された送信所からVHF帯またはUHF帯の周波数を用いるため、 受信可能な地域はアンテナが見える範囲の近隣地域に限られる。

BS放送は、中継用の人口衛星・CS放送は、中継用の人工衛星。

衛星中継局

CSとBSのちがいと弱点

衛星放送

ちがいはCS放送はBS放送に比べてチャンネル数が多いということ。 弱点は衛星放送のような高い周波数の電波は水滴や水蒸気に吸収されるため、 降雨量の多い天候では電波が荒れ映像が壊れることがあります。


Designed by CSS.Design Sample