ラジオの電波の仕組みとは?

電波網

無線をするにあたり、地球の上空を取り巻いている電離層は非常に重要な役割を果たします。

電波は反射するという性質を持ち、地球を取り巻く電離層がそれを反射し、 ま た地表にも反射するため、電離層と地表の間でたくさんの反射を繰り返しながら、 電波を長距離の通信に使うことが可能になるのです。

電波の反射

地球をとりまく電波

電離層は、地上から100?300Kmぐらいまでありますが、3つの層に分かれています。 最初の層(=D層)は地上~70Kmまで、 次の層(=E層)はlOOKm付 近に、 最後の層(=F層)は最も上空の200?300Km付近に存在します。

電 波は、周波数によってどの層で反射されるかが異なってきます。 このうち、周波数が3MHz?30MHzの電波を短波(HF)と呼びます。 また別に「中波」、「長波」という電波もあります。

短波は、最も上空にあるF層で反射されます。 電波はより上空で反射されるほど、1度の反射でより長い距離を進むことが出来る為、 短波が最も長い距 離を伝搬していくことができます。 一方、電波は、電離層や地上で反射される回数が多ければ多いほど、次第に弱くな り減衰していきます。

つまり、反射が多いほど長い距離を進むことができません。 このため、最も上空で反射される短波が最も遠くまで届き、 低いと ころにある層で反射される長波は遠くまで届かないという結果になってしまいます。

ラジオの場合

電波と世界

ラジオの短波放送は、短波を使って音声情報を発信しています。 このため、 海外のような遠距離の場所でも放送を受信することができます。

ちなみに「中波」は、ラジオの AM放送で使われています。 通常は「短波」放送ほど遠距離には届きませんが、 「中波」で反射されたものが届く場合もあり、 海外など遠距離の放送が受信できる ことがあります。

ちなみに、テレビ放送(いわゆる地上波ってやつ)やラジオのFM放送は、 30から300メガヘルツ の周波数の電波(=超短波VHF)を使って発信してい ます。 この電波は、電離層を突き抜けてしまうため、地表との反射による伝 搬は行えず、 短い距離しか届きません。


Designed by CSS.Design Sample