通信システムの全てがわかる役立つ知識マニュアル TOP  >  データ通信を可能にするモパイルWiMAX

データ通信を可能にするモパイルWiMAX

ハンドオーバー

WiMAX通信

WiMAXは、モバイル通信に対応していません。 そこで、WiMAXの技術を修正し、モバイル通信に対応する規格として、 モバイルWiMAXが開発されました。 モバイルWiMAXは、WiMAXにハンドオーバーの機能を持たせたものといえます。

WiMAXと世界

ただし、帯域幅をいっぱいに使った通信というのは理論値であり、 実用においては、狭い帯域幅を組み合わせることになります。

しかし、その場合、伝送速度が遅くなってしまいます。 1.25MHzから20MHzの間で、通信事業者は帯域幅を選択して導入することになっています。 具体的には、3.5MHz、5MHz、7MHz、 8.75MHz、10MHzなどが想定されています。

移動しながら使う

Bluetoothいろいろ

モパイルWiMAXでは、アクセスポイントの通信可能範囲内なら、 利用者が移動しながらでも通信を続けられます。 そもそも、モバイルWiMAXの主な目的は、データ通信をすることが目的です。

データを誤りなく送信することが目的の方式であるため、音声通話に問題が残ります。 しかし、改良の結果、問題のない音声通話ができるようになてきました。

そのため、モバイルWiMAXは、次世代の携帯電話としての利用も想定されています。

Designed by CSS.Design Sample