電波の受発信の違い

電波

電波とは電磁波の事を言います。 電磁波のうち周波数が3000ヘルツ以上か、30万ヘルツ以下の範囲が電波となります。

電磁波

電波網

電波とは電磁波の事を言います。 電磁波のうち周波数が3000ヘルツ以上か、30万ヘルツ以下の範囲が電波となります。

電磁波はプラスからマイナスへ電気を流すと、電界と磁界が発生する修正を持っています。 そしてプラスとマイナスを逆転させると、さらに新しく 電界と磁界が発生し、 先に出来ていた電界と磁界は空中に押し出されます。

このようにプラスとマイナスを次々に逆転させてい くと、 1つ前の電界と磁界はどんどん空中 に押し出されるようになり、 こうして押し出された電界と磁界の変動する連 なりが波となって、 電磁波となっていきます。

アンテナ

アンテナ

しかし、、電気が一方向に流れるだけでは、 電極を逆転させることはできません。 流れる方向を逆にするためには、交流の電気を流す必要があります。

交流電流とは、電気の流れる向きが次々に反転していく電流の事を言います。 交流電流 を流すと、電気の流れる方向が高速に切り替わり続けるため、 電極が高速で逆転し続けていきます。 そして、電界と磁 界が次から次へと空中に放たれていき、結果、電磁波が発生します。

このように交流電流を流すと、電磁波(電波)が発生し ます。 これが「アンテナ」となります。 一方、金属に電磁波が届く(=金属が電磁波を受ける)と電気が流れます。

そこで、「電磁波を受けると電気が流れる」ようにした装置(=アンテナ)を使って、 電磁波を受信することができ ます。 電導性に優れた物質等を使用すれば、それに伴い精度を上げることも出来ます。


Designed by CSS.Design Sample